何歳から始める? 英語学習

何歳からでも大丈夫。

ただし、年齢に合った学習方法を選んで。

5歳まで苦労なく英語耳を育てられる時期

英語には、日本語にはない音がたくさんあります。

その違いを難なく聞き取れるのは、5歳くらいまでと言われています。

また、そっくりそのまま大人の真似をするのもこの時期。

聴くこと、発声することを中心に学習するといいでしょう。

たとえば…

  • 絵本の読みきかせ
  • かんたんな英単語を使ったゲームやお遊戯

小学生以降英語コミュニケーション能力を上げる時期

小学生頃になると脳が論理的思考優位になるため、「読む」「書く」学習の始め時です。

また、自分を表現しようとする時期なので、先生と会話するなど、コミュニケーションを中心とした学習方法が最適です。

たとえば…

  • 英会話
  • 文法などルールの学習
教室はどうや って選ぶ?

チェックすべきは、この4つ!

たった15分でも効果アリ!

習い事の間や寝る前など…

15分を有効活用

子供の集中力は15分が限界と言われています。

逆に言えば、1日15分だけ、しっかり集中して学習すれば効果があります。

無理に詰め込んでは学習効果も落ちます。

水泳やピアノなど、習い事の多い子供こそ、「15分」を活用しましょう。

こんな教室が便利!

  • 短時間からのメニューがある
  • スケジュール調整が利きやすい

ちょうどよいハードルが上達のカギ

簡単すぎても難しすぎてもダメ!

「がんばってできた」が次につながる

授業内容は、簡単すぎても難しすぎてもやる気をなくさせます。

英語力に合わせた適切なハードルを用意し、着実にステップアップしていくことが上達のカギ。

ちょっとずつ「できた!」を積み重ね、無理なく目標に到達するのが最良です。

こんな教室がおすすめ!

  • 今の英語力からスタートできる、無学年方式のコース
  • テストやレポートで子供の「できた!」が見てわかる

これだけかかる!英会話学習費用

授業料以外の

見えない負担も合わせて検討を

入学金など初回だけ必要なものから、交通費など毎回かかるものまで、授業料以外にも様々な費用がかかります。

何ヶ月も続けることになる英語学習。

お金以外にも、送り迎えの手間などの見えない負担もしっかり計算しましょう。

子供との相性が最重要ポイント

結局、楽しくなければ続かない

好きな先生の教科は楽しみだし、勉強も頑張れる。そんな経験は誰しもあるのではないでしょうか?

どんなに親が英語を習わせたくても、子供にその気がなければ続かないし効果も出ません。

学習内容と合わせて、教師との相性もチェックしましょう。

こんな教室がおすすめ!

  • 体験レッスンができる
  • 担任や授業についての相談がしやすい

無料体験

はこちら

Click Here >